仕事の適性とは

自分がどんな仕事につくか考える時には、適正や希望についても考えましょう。

対人能力が高く、人との会話が苦にならない人は販売職や営業職向きです。

人と話すのが苦手で、初対面の人とは思うように話せないという人には営業に仕事の適性は無いというものです。

適性のみで仕事を選ぶことができるわけではありませんが、考えをまとめる上での指針になります。

自分に合う仕事を選ぶ時に、適性にあっていればいいというものではありません。

大学の就職課などで、一度は仕事の適性検査をして見なさいなどと言われる事があります。

とはいえ、仕事を選ぶ時に適性検査で言われたことだけを基準にしていたら、問題が起きることもあります。

仮に、適性検査をしたところ、経理向きだという結果になったとします。

自分ではあまり経理など好きではないし、そもそも数字をいろいろとやるのは好きではないとします。

必ずしも適性がある仕事でなければいけないということありませんので、その点は注意してください。

挑戦してみて、自分の適性を大きく延ばしていきたいという考え方もあります。

仕事の適性があるということで、どうしても選ばなくてはならないと言うものではないと言う事を覚えておきましょう。

ラミューテ