視力は大事な宝物

視力がガクッと落ちて気付きました。視力は大事な宝物だということに。視力がないと大事なものが見えないときもあります。
遠くにあるものが見えることがそんなに大事だとは気づきませんでした。
運転免許センターで視力矯正のハンコを押される時にその気持ちは一番高まりました。
視力は落ちていく一方だと思い込んでいた私には、なくして初めて気づいたものの一番に視力が上がります。
さて、その視力ですが上げることができます。
視力が落ちるというのは実際には筋力が低下して遠く見るピントが合わない状態のことを指します。
つまりピントを合わせる筋力さえ戻れば視力も戻るということです。
メガネ等ではなく小さな穴を見ることでこの話の実証ができます。ほんのピンホールほどの穴を覗いてみてください。
遠くまで見ることができます。これが証明しているのは視力が落ちているというのはピントを合わせる筋力があるということ。
その筋力がちゃんとピントを合わせれば、視力がもどるということです。
目が悪い人は一度試してみるといいですよ、この穴を覗くという証明方法。
かなり感動がありますから。そこからわかるのは視力回復法が確実に存在するということ