ゴルフで、アイアンでのゴルフスイングをする時は

私達の生活の中では色々な娯楽があります。
その中でもスポーツは一種の大衆的に親しまれている娯楽と言えます。

そして今回の題材である「ゴルフ」は紳士のスポーツとして有名です。
そして今回はそのゴルフの中でも、色々と存在するクラブ、ゴルフボールを打つ時に使うゴルフのバットの中の1つである「アイアン」が題材です。

クラブとは色々あり、その中でアイアンは飛距離よりも精度を優先したグラブです。
その為、ゴルフのホール(ゴール)へと近づいた距離で、ホールの周辺のグリーンへと届かせようとする時などに用いられます。
アイアンのゴルフスイングは時計に例える事ができ、おおよそ7時から9時から12時過ぎと分けられ、ホールへの距離感次第でフルのゴルフスイングをするか否かと選択肢が変わってくるモノになります。
加えて、時には砂場などに落ちてしまった時の対策の為に、そのすくい上げる事が出来る打点部位の構造を活かして、砂場からゴルフボールを移動させる時などにも用いられるケースがあります。

ハーフスイングの練習